うえだ眼科クリニックの
ブログ

特報!世界初のアレルギー抑制のコンタクトレンズ “セラビジョン® アレルケア®” が、うえだ眼科クリニック で先行導入されました!

2021年10月30日

皆様こんにちは、うえだ眼科クリニック 院長 上田 至亮です。

 本日は、特報です!

 なんと、うえだ眼科クリニックに、世界初のアレルギー症状の抑制ができるコンタクトレンズが先行導入されることとなりました!🎉 これからの花粉症の季節、皆様への有用な情報になれば幸いということで紹介をさせていただきます。さて、このコンタクトレンズ、名前は 

 ”ワンデー アキュビュー® セラビジョン® アレルケア®” といいます。

アキュビュー ケトフェチン入り、セラビジョン と書いてあります。

 もともと当院は、イオンや総合ショッピングセンターに入っているようなコンタクトレンズ専門眼科ではなく、白内障・網膜硝子体治療専門の眼科として開業したいきさつもあり、地域の方には申し訳ないのですが、乱視がないコンタクトレンズのみを取り扱っておりました。ところが、先日業者さんから連絡が入り、なんと世界初のアレルギー抑制もできるコンタクトレンズが発売されるということで当院で先行導入することとなりました。(こちらのレンズにも乱視矯正は残念ながらありません。)

 では、どのような機序かと簡単に言うと  ”フマル酸ケトチフェン” といわれる薬剤が取り込まれているコンタクトレンズである。ということです。 そもそも、”フマル酸ケトチフェン”はアレルギーの原因となるヒスタミンの受容体を遮断するとともに、ロイコトリエンなどのアレルギーに関係する化学伝達物質の遊離を抑制する作用もあわせもちます。現在は一般の市販薬にも含まれており、いわゆるOTC(over the table)薬として、処方箋なしで、一般の薬局でも手に入る薬剤となっておりますが、それが取り込まれているんですね。眼科領域では、”ザジテン” という点眼の名前で以前は発売されていたので、耳にしたことのある方は多いかと思われます。

コンタクトレンズ素材(1日使い捨てコンタクトレンズ)+ケトチフェン(ケトチフェンフマル酸塩)

 考えてみれば、簡単な話なのですが、薬剤をコンタクトレンズに取り込むというのは処方の関係上難しかったのでしょう。また、持続的に効果が出るという意味では濃度の検討や、薬剤毒性の検討などが大変だったのだと思います。 

 しかし、こちらは表題にも書いた通りアレルギー症状を ”抑制するコンタクトレンズ”であり、”治療するコンタクトレンズ” ではありません。あくまで症状がでる前までに、症状を抑え込んだり、症状が出る期間を少しでも遅らせるというのが使用の必要性となります。ですので、こちらを使っていても痒みなどの症状が出現・悪化してきた場合には装用を中止して眼科に受診し、適切な点眼を処方して加療してもらう必要があります。

1.花粉飛散時期の前 2.症状が落ち着いている時 3.出かける前

 ただ、こちらが出たことで、これからの花粉症シーズン、どうしてもお仕事や、スポーツなのでコンタクトを使用したいという人には、適応となるコンタクトレンズではないのでしょうか?

 なおコンタクトということと、薬剤が含まれているのもありますので、眼科医の指導のもと、装用スケジュールおよび装用時間を正しく守ってくださいね。これからの花粉症の季節、皆様への有用な情報になれば幸いです。

うえだ眼科にデジタル手術支援システム(V-ynk)が 杉並区で初導入されました!

2021年10月22日

 当院に最新の白内障手術機械である、デジタル手術支援システム:V-Lynk が杉並区で初導入されました(日本全国では52施設、都内では9施設のみの導入:2021年6月現在)。全世界100万症例のデータを参照したAIによる正確な計測システムと、リアルタイムに使用できるAR機能(拡張現実)を利用した新しい白内障手術支援システムです。その内容は簡単に言うと

1,手術前の眼内レンズ測定について世界100万症例のデータを参照した、AIによる正確な度数決定がなされるようになります。また、それらの施設・術者毎のデータが蓄積されることで、より正確性を増してゆく。

2,IOL挿入術における主要な測定値をAR(拡張現実)機能により術野にリアルタイム表示可能であり、それによる手術精度の向上が期待される。

3,乱視矯正においては、リアルタイムのデータを参照して乱視を矯正できるため、特に、乱視矯正の白内障手術や、多焦点眼内レンズなどのプレミアム眼内レンズ使用時に得られる術後裸眼視力の精度が向上する。

ORAの特長
より正確なレンズ計算+手術中のリアルタイム測定による先進の白内障手術

等ということです。これまでのレーザー白内障手術などの新しい手技を用いた手術は、術者に関係なく機械が手術をするという側面があり、手術中のリアルタイムのデータは参照されておりませんでした。

 しかし、こちらの手術支援システムはリアルタイムの測定による正確性を追求しており、さらに面白いのがデータが蓄積されることで、正確性がどんどん向上するということです。

 言い換えれば ”成長する手術システム” であるとも言えます。これからは、オーダーメイドの医療も大事になってくるかと思います。患者さん一人一人に寄り添った手術をできるように頑張っていきたいと思います。

V-Lynkについて、ご興味ある方はこちらからどうぞ。

うえだ眼科クリニック 開院3周年記念です。

2021年10月10日

皆様、平素より格別のご高配賜り誠にありがとうございます。うえだ眼科クリニック 院長 上田 至亮です。先日 2021年10月1日をもちまして、うえだ眼科クリニックは無事に開院3周年を迎えました。

 開院してからは、毎日外来と手術に追われる毎日であり、気がついたら3年が経過しておりました。その間コロナの災禍にも見舞われ、一時的な患者様の通院控えもありましたが、その後順調に戻られてきており、目の健康を守ることができております。

 これもひとえに地域の皆様の暖かいご声援、クリニックの職員・家族・事務長である妻の支えによるものと考えます。これからも、ますます杉並区及び練馬区の皆様へ最良の眼科医療を届けるべく邁進したい所存ですので、末永くおつきあい下さい。

                          院長  上田 至亮

                         事務長 上田 麻衣子                     

夏のはやり目にご注意ください

2021年07月22日

さて、梅雨も明けて小学校も夏休みに入り、夏本番となりました。
 そんな中、眼科にとって夏は流行性角結膜炎(はやりめ)が流行する季節です。プールで子供たちに感染が拡大し、咽頭炎(プール熱)を起こすウイルスでもあります。今年は、コロナということで、プールを取りやめたり、短縮している学校もありますが、プール以外にも温泉や、公衆浴場など水回りで感染しやすいウイルスです。
 新柄コロナウイルス同様に、手洗いの励行により感染を抑制することが可能ですので引き続き感染症対策を行ってください。
 また当院では点眼薬での治療を行っております。目やのどに不調を感じましたらご来院ください。

杉並区保育園の眼科健診へ

2021年06月10日

皆さまこんにちは。うえだ眼科クリニック 事務長 上田麻衣子です。

 

 今日は杉並区にある保育園へ眼科健診に行きました。緑豊かな公園のそばにある保育園で、コロナ禍でも園児さんはお散歩をしたり元気いっぱいです!

 80名近くを順番に院長が結膜チェック、眼位の遮閉試験、内反症等のチェックをしました。園児さんははじめ緊張した面持ちでしたが、しっかりとペンライトを見つめて健診を受けてくれました。

 健診で指摘される例として結膜炎や外斜位があります。もしお子さんが「外斜位」と言われたら心配ですよね。外斜位は基本的には生理的なものが多く、誰にでも多少はあるものですが、日常生活の中であれ?何かおかしいな、という違和感が続くようなら一度眼科を受診することをお勧めしています。

健診を終えて「ありがとう」と元気に御礼を言ってくれる園児たちに、こちらまで癒されました。明日は雨が降るようですね。皆さんが一日幸せでありますように。