うえだ眼科クリニックの
ブログ

うえだ眼科クリニック、1月24日の手術内容

2023年01月24日

本日、白内障手術7件(乱視矯正レンズ2件、多焦点レンズ1件、緑内障同時手術1件含む)、霰粒腫切開手術の合計8件の手術を無事に終了いたしました。また、白内障手術につきましては全例、先進のORA(術中波面収差解析装置)と連動したV-Lynkシステム(ORA SYSTEM™ with VerifEye™ Lynk)による手術で実施いたしました。明日の皆さまの手術後の笑顔を楽しみにしています。

◎iStent(アイステント):低侵襲緑内障手術(MIGS)併用の白内障手術はじめました。

2022年11月10日

こんにちは、うえだ眼科クリニック 院長 上田です。今回のブログですが、当院で2022年11月より開始しました低侵襲緑内障手術併用の白内障手術のお話をさせていただきます。さて、では低侵襲緑内障手術というのはどういうものかといいますと、iStent(アイステント)(図1)といわれる、微小な金属の ”ステント” といわれる器具を白内障手術をするときに目の中に留置する手術となっていて、この手術は最近流行りとなっている、低侵襲緑内障手術(MIGS : micro invasive glaucoma surgery)という、手術に分類されております。

図1、この指の先に写っている、黒い粒がアイステントです。小さいですよね。

●アイステントって?

 では、そのアイステントはどういうものかというと、緑内障を治療するために使われる医療機器で、医療用グレードのチタン合金でできています。このiStentを眼の中の組織に埋め込むことで、房水(ぼうすい)と言われる、目の眼圧を調整する液体の排出循環を改善し、眼圧を低下、安定することが目的です。当院で使用しているアイステントの手術は白内障手術と同時に行うものです。白内障手術では小さな切り口を作りますが、白内障手術の最後に、その小さな切り口からiStentを挿入して、繊維柱帯という眼の組織に埋め込みま(図2)すが、痛みを感じることはほとんどありません。

図2、繊維柱帯といわれる部分に挿入することで、目の中の水の循環が改善して、眼圧が下がる仕組みです。

 なお、アイステントは2014年から全世界で20万眼以上に使用されていて日本でも2017年から認可され、日本眼科学会の指導の下の講習会を受講し、アイステントに関する技能や手技に伴う合併症等の知識を得た医師のみが行える治療です。

●利点と安全性

 この手術は白内障手術と同時に行い、挿入に要する時間は5分程度で済みますので、少ない侵襲で術後の回復が早い上に、眼圧を下げる効果が期待できます。また手術後に眼圧が下がること(個人差はあるものの緑内障点眼1種類分:1年後で3~8mmHg程度の減少)で、緑内障治療用の点眼薬の数を減らせる可能性がありますので、緑内障の点眼治療中の患者さんにとっては、点眼の数が減ることで点眼の手間から解放されたり、医療コストの削減にもつながるメリットがあります。ただし、全ての緑内障が適応になる訳ではなく開放隅角型の緑内障が適応になります。なお、安全性として、有害事象として報告されているのは、出血や炎症、目の違和感、ステントの詰まり、一過性の高眼圧や低眼圧などとなっております。

 以上、当院で開始した新しい治療のお話でした。詳細についてご興味あるかたは、ぜひ診療の時にでもお尋ねくださいね。眼科の手術は日々進化しており、新しい機材や手術方法がどんどんと開発されていますので、これからもそれらを勉強しつつ、常に最新の医療を皆様に届けたいと思っておりますので、今後もよろしくお願いいたします。

うえだ眼科にデジタル手術支援システム(V-ynk)が 杉並区で初導入されました!

2021年10月22日

 当院に最新の白内障手術機械である、デジタル手術支援システム:V-Lynk が杉並区で初導入されました(日本全国では52施設、都内では9施設のみの導入:2021年6月現在)。全世界100万症例のデータを参照したAIによる正確な計測システムと、リアルタイムに使用できるAR機能(拡張現実)を利用した新しい白内障手術支援システムです。その内容は簡単に言うと

1,手術前の眼内レンズ測定について世界100万症例のデータを参照した、AIによる正確な度数決定がなされるようになります。また、それらの施設・術者毎のデータが蓄積されることで、より正確性を増してゆく。

2,IOL挿入術における主要な測定値をAR(拡張現実)機能により術野にリアルタイム表示可能であり、それによる手術精度の向上が期待される。

3,乱視矯正においては、リアルタイムのデータを参照して乱視を矯正できるため、特に、乱視矯正の白内障手術や、多焦点眼内レンズなどのプレミアム眼内レンズ使用時に得られる術後裸眼視力の精度が向上する。

ORAの特長
より正確なレンズ計算+手術中のリアルタイム測定による先進の白内障手術

等ということです。これまでのレーザー白内障手術などの新しい手技を用いた手術は、術者に関係なく機械が手術をするという側面があり、手術中のリアルタイムのデータは参照されておりませんでした。

 しかし、こちらの手術支援システムはリアルタイムの測定による正確性を追求しており、さらに面白いのがデータが蓄積されることで、正確性がどんどん向上するということです。

 言い換えれば ”成長する手術システム” であるとも言えます。これからは、オーダーメイドの医療も大事になってくるかと思います。患者さん一人一人に寄り添った手術をできるように頑張っていきたいと思います。

V-Lynkについて、ご興味ある方はこちらからどうぞ。

白内障手術時の見え方について

2021年01月19日

皆様こんにちは、うえだ眼科クリニック 院長 上田 至亮です。今回は白内障手術の時の素朴な疑問 ”手術中は見えているのか?” について、ブログにしたためようと思います。

 さて、白内障の手術の説明をしているときに、よく患者さんに聞かれる質問の中に”手術中は目は見えているのですか?” というのがあります。まあ、そのあとに来る言葉は ” 手術中にメスとかが見えるのは怖いです。” と来るわけです。・・・確かにそうですよね、白内障は2.4mm程度と小さい切開なのですが、眼にメスを入れることには変わりありません、目の前からメスが近づいてきたら怖いと思いますし、私も自分が手術するとなると、やはり怖いです。

 という事で、私が時々患者さんに ”白内障の手術中に、景色はどういう風に見えましたか?” と聞くことがあり、そのお答えの一覧を参考に述べさせていただきます。

証言① オーロラのような光が見えてキラキラしていました。

 ということで、比較的多く聞いたことがあるのが、上記のように光の筋のようなものがキラキラ見えたというお話です。白内障の手術は顕微鏡をのぞきながら手術する1㎜単位の繊細な手術の世界ですが、その顕微鏡の光がかなりまぶしいのか、機材が見えるという事はなく、乱反射した光が見えるようですね。

証言② 虹のように色々な光が見えました。

 こちらも、オーロラとほぼ同じような印象ですが、より鮮やかにいろんな色が見えたというようです、中には手術中に ”あーー綺麗だわー、夢の国にいるみたい、あ・ここも綺麗よー” と、ファンタジックなコメントを手術中に語り続けてくれた患者さんもいます。

 という事で、白内障手術の時に、目に入ってくる光が比較的まぶしいために、意外と手術を開始してしまうと、手術の機材が見えるというよりは、乱反射した光で上記のように見えるようです。

 ただ番外編として白内障手術でなく、以前私も実施していた ”硝子体手術” といって眼の中の手術をするときは

証言③ 大きなピンセットが近づいてくるのが見えました

という、お言葉を聞いたことがあります、当院では実施していない手術にはなりますが、硝子体手術時には上記のように見える方もいるようですね。

 ぜひ、皆さんも白内障手術をされたときに見えた景色で、印象に残っているものがあったら担当医にお話ししてみてください。個人的には、どなたかが絵に描いてくれたらクリニックに飾らせていただきたいなと思っているのですが、ご興味がある方は是非お知らせ下さい。

うえだ眼科クリニックでは 眼内レンズが ”無限触り放題” です。

2020年12月05日

 皆様こんにちは、うえだ眼科クリニック 院長 上田 至亮です。

 さて、いろんな眼科のホームページで白内障の説明ページを見ていると、眼にすることがある ”眼内レンズ” の画像ですが、実際はどの程度の大きさなのか、硬さはどのくらいなのかなど、実物を見た方はいらっしゃいますでしょうか? おそらく、白内障手術を終えたほとんどの方の目の中には眼内レンズが入っているにもかかわらず、実物を見たことがない方が多いと思います。

 ということで、当院では白内障の手術をするときには必ず眼内レンズの ”実物” を見せつつ、触っていただき眼内レンズがどういうものかを説明しているのですが、実際の大きさは下の図のように指先くらいしかありません。

左が ”単焦点眼内レンズ” で、右側が ”老眼矯正レンズ” ともいわれる ”多焦点眼内レンズ” (MINI WELL READY)です。指先の大きさと比べると、ずいぶん小さいのがわかりますね。

 図の説明のように、それぞれ ”単焦点眼内レンズ” とMINI WELL READYという ”多焦点眼内レンズ” になるわけですが多焦点眼内レンズには老眼矯正の効果もあるのが特徴です。 同じように見えてこの小さな構造体の中に複雑な機能が詰まっているんですね。 先達の研究者の方々の努力と医学の発展はすごいものだと思います。

 今日はくしくも我が家の子供も好きな ”鬼滅の刃” の最終巻発売日でした。”無限列車” ならぬ、 眼内レンズ ”無限触り放題” という事で、ご興味ある方は当院に相談にいらしてくださいね。