うえだ眼科クリニックの
ブログ

うえだ眼科クリニック、11月29日の手術内容

2022年11月29日

本日、白内障手術7件(乱視矯正レンズ1件、多焦点レンズ2件含む)の手術を無事に終了いたしました。また、白内障手術につきましては全例、先進のORA(術中波面収差解析装置)と連動したV-Lynkシステム(ORA SYSTEM™ with VerifEye™ Lynk)による手術で実施いたしました。明日の皆さまの手術後の笑顔を楽しみにしています。

うえだ眼科クリニック、11月15日の手術内容

2022年11月15日

本日、白内障手術6件(乱視矯正レンズ3件含む)、眼窩脂肪ヘルニア手術1件の合計7件の手術を無事に終了いたしました。また、白内障手術につきましては全例、先進のORA(術中波面収差解析装置)と連動したV-Lynkシステム(ORA SYSTEM™ with VerifEye™ Lynk)による手術で実施いたしました。明日の皆さまの手術後の笑顔を楽しみにしています。

◎iStent(アイステント):低侵襲緑内障手術(MIGS)併用の白内障手術はじめました。

2022年11月10日

こんにちは、うえだ眼科クリニック 院長 上田です。今回のブログですが、当院で2022年11月より開始しました低侵襲緑内障手術併用の白内障手術のお話をさせていただきます。さて、では低侵襲緑内障手術というのはどういうものかといいますと、iStent(アイステント)(図1)といわれる、微小な金属の ”ステント” といわれる器具を白内障手術をするときに目の中に留置する手術となっていて、この手術は最近流行りとなっている、低侵襲緑内障手術(MIGS : micro invasive glaucoma surgery)という、手術に分類されております。

図1、この指の先に写っている、黒い粒がアイステントです。小さいですよね。

●アイステントって?

 では、そのアイステントはどういうものかというと、緑内障を治療するために使われる医療機器で、医療用グレードのチタン合金でできています。このiStentを眼の中の組織に埋め込むことで、房水(ぼうすい)と言われる、目の眼圧を調整する液体の排出循環を改善し、眼圧を低下、安定することが目的です。当院で使用しているアイステントの手術は白内障手術と同時に行うものです。白内障手術では小さな切り口を作りますが、白内障手術の最後に、その小さな切り口からiStentを挿入して、繊維柱帯という眼の組織に埋め込みま(図2)すが、痛みを感じることはほとんどありません。

図2、繊維柱帯といわれる部分に挿入することで、目の中の水の循環が改善して、眼圧が下がる仕組みです。

 なお、アイステントは2014年から全世界で20万眼以上に使用されていて日本でも2017年から認可され、日本眼科学会の指導の下の講習会を受講し、アイステントに関する技能や手技に伴う合併症等の知識を得た医師のみが行える治療です。

●利点と安全性

 この手術は白内障手術と同時に行い、挿入に要する時間は5分程度で済みますので、少ない侵襲で術後の回復が早い上に、眼圧を下げる効果が期待できます。また手術後に眼圧が下がること(個人差はあるものの緑内障点眼1種類分:1年後で3~8mmHg程度の減少)で、緑内障治療用の点眼薬の数を減らせる可能性がありますので、緑内障の点眼治療中の患者さんにとっては、点眼の数が減ることで点眼の手間から解放されたり、医療コストの削減にもつながるメリットがあります。ただし、全ての緑内障が適応になる訳ではなく開放隅角型の緑内障が適応になります。なお、安全性として、有害事象として報告されているのは、出血や炎症、目の違和感、ステントの詰まり、一過性の高眼圧や低眼圧などとなっております。

 以上、当院で開始した新しい治療のお話でした。詳細についてご興味あるかたは、ぜひ診療の時にでもお尋ねくださいね。眼科の手術は日々進化しており、新しい機材や手術方法がどんどんと開発されていますので、これからもそれらを勉強しつつ、常に最新の医療を皆様に届けたいと思っておりますので、今後もよろしくお願いいたします。

うえだ眼科クリニック、11月8日の手術内容

2022年11月08日

本日、白内障手術5件(乱視矯正レンズ2件、多焦点レンズ2件を含む)、眼瞼下垂手術1件の合計6件の手術を無事に終了いたしました。また、白内障手術につきましては全例、先進のORA(術中波面収差解析装置)と連動したV-Lynkシステム(ORA SYSTEM™ with VerifEye™ Lynk)による手術で実施いたしました。明日の皆さまの手術後の笑顔を楽しみにしています。

うえだ眼科クリニック、11月1日の手術内容

2022年11月01日

本日、白内障手術6件(乱視矯正レンズ1件、多焦点レンズ1件、緑内障同時手術1件を含む)、霰粒腫切開手術1件の合計7件の手術を無事に終了いたしました。また、白内障手術につきましては全例、先進のORA(術中波面収差解析装置)と連動したV-Lynkシステム(ORA SYSTEM™ with VerifEye™ Lynk)による手術で実施いたしました。明日の皆さまの手術後の笑顔を楽しみにしています。